Xperia arcが発売になりました

どうも。いきなりいつもと違う文面で始まりましたが、今日はnasa114さんじゃない人が書きます。今日の記事を執筆しているのは、いつもtwitterで仲良くさせていただいている「風松 翔麻」です。よろしくお願いします。プロフィールなどはリンクから僕のブログでご覧いただくということで、省略。

今日は彼から「ゆるーい記事」を書いてくれと頼まれたので書くんですが、どうもそう考えれば考えるほどネタが浮かばない・・・ということで、適当に、書こうと思います。ということで、続きを御覧ください。


と言いますが、24日はAndroid端末「Xperia arc」(SO-01C)の発売日なんですね。私、風松はXperia(SO-01B)を持っているのですが、「早い・軽い・かっこいい」の三拍子を兼ね揃えているであろうXperia arcはやはり欲しいと思います。

何が欲しい魅力かというと、まずはOS。現行のXperiaは最新版で「Android 2.1」。これはAdobe Flash Playerが使えないのが一番の苦なのですが、そこはアプリで補える分があるので大丈夫。Xperia arcは「Android 2.3」という比較的新しいアンドロイドOSを搭載してるんですね。これはさっきのOSでは使えなかったFlashが使えるんですねー。これは大きな魅力!それに、Android2.3になればたくさんのメリットが。その1つとして、Adobe AIRもアプリを入れれば使えるようになるんです。そう考えると、GoogleはAdobeとの距離をかなり縮めているというのが分かります。
そして肝心なのは「動作」。たくさんのニュースサイトなどで見る限り、動作は軽快なようです。Xperiaは動作がかくかくしていて、動きが悪いのが一番の問題点でしたが、Xperia arcではそれを克服しているようです。
これまでは動作がぎこちなくなる機種が多かったが、Xperia arcでは指の動きにしっかり追従し、”ぬるぬる”と表現しても過言ではないほど滑らかに拡大と縮小ができた。

+D Mobile <第5回 タッチパネルの反応速度は? – 「Xperia arc」の性能を動画でチェック より


という記述をニュースサイトでも、雑誌でも目に入ります。ぬるぬる動くんだ・・・ますすます欲しくなってきた・・・
それに、色も増えたんですね。Xperiaは基本色の「センシャスブラック」とあと1つの「白ラスターホワイト」しか無かったのですが、Xperia arcは基本色として「ミッドナイトブルー」、そして「ミスティーシルバー」、女性を意識した「サクラピンク」の3色。ピンクのバリエーションはいいですねぇ。しかし、画像で見る限り・・・サクラピンク・・・「ホットピンク」にみえちゃってしょうがない・・・
と偉そうに書いてますがこの風松、Xperia arcをまだ触ってもいないし、見てもいない。なので、触る機会があったらサクラピンクはホットピンクじゃないのかを見て、Flashが使えるかブラウズして、動作は「ぬるぬる動く」なのか、しっかり確認してこうと思います。
というわけで今日はXperiaの話になりました。
結局は「ぬるーい記事」が「ごっつい記事」になっちゃいましたね。
風松はいつも「かぜま通」というブログをやっています。そしてTwitterもやっています。
ぜひ、仲良くしてくださいね^^